意外と簡単だったから続けてしまったAさん

援助希望の女子がたくさん集まる掲示板だよ!

>>ツーピースの詳細はこちら


情報バレが一切ないから安心して使えるサイト!

>>愛カツの詳細はこちら


確実に出逢いに繋がる相手と交渉できる掲示板サイト!

>>らぶらぶメールの詳細はこちら


Aさんは今年25歳になるそうです。
彼女は高校時代に友達から誘われ援助交際をしていたことがあります。
もともと、援助交際がどういったことをするかネットで知識は得ていましたし、セックスにも大分慣れてきたので興味はあったそうです。ただ、自分から相手を募集するのは怖くて踏み出せなかったと言います。
とはいえ、友達の紹介ですから、ちょっと安心して誘いに応じたのだとか。

最初の相手は40歳代の会社員で、Aさんはスーツで宴会部長のようなイメージを抱いていたそうですが、カジュアルな服装で現れ、手慣れた感じで「待った?行こうか」と歩き始めました。
セックスはごくごく普通でしたが、事前に制服を持参するよう伝えられていたので、それに着替えてスタートしました。
終わってみると思っていたよりも簡単で、しかも高そうな長財布から数万円が抜き出される瞬間が脳裏に焼き付き、Aさんはネットを通じてそのあとも援助交際を続けたと言います。

現在は勤務先で主任になり、仕事を続けるか、恋人と結婚するか考えているというAさん。
援助交際をしていたことを後悔しているか?という質問に、旅行資金にまたやってもいいと臆面も無く答えてくれました。ただし、「でも、20歳過ぎたから買い手がつかないよね」とも。
勿論、恋人はAさんが援助交際をしていたことは想像もしていないということでした。

援助交際がやめられない男女

ほぼ定期的に少女買春をしたという罪状で逮捕され、実名報道されるケースがあります。
だというのに、いわゆる援助交際はなくなりません。何故でしょうか?

何かに依存してしまう原因はほぼ共通していて、それは全体のうち、ほんの僅かな間、強烈な快感を味わうことです。
たとえば、ギャンブルだと、丸一日場外馬券売り場にいたとします。とても不毛な時間です。
しかし、あるレースで自分が賭けた馬がゴールした瞬間に味わう快感はその不毛な時間を帳消しにしてくれるのです。
つまり、一生を棒に振るリスクが付きまとうのに、若くて雰囲気があり、自分の言いなりになってくれる女性と過ごすことがとてつもない快楽だというわけですね。

また、援助交際がやめられないのは男性だけではありません。女性も違った意味で快感が忘れられないのです。
十代で援助交際を始めた女性が成人すると足を洗うかといえばそうではありません。
いくら高収入の職種に就いても、短時間のうちにまとまったお金やアクセサリーなどを手にとることは不可能です。
この快感を味わってしまうと、更に磨きをかけ、高単価な愛人契約を狙おうという女性も多いのです。
男性としても、秘密裏に会うよりも、法的に問題がない年齢で美人な女性を食事をしたり極上のテクニックを味わいたいのですから、25歳くらいまでは高い需要があるといわれています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ